水道工事を見極める視力

旅客飛行機のパイロットになるためには、厳しい視力制限があります。
コンタクトレンズや眼鏡で矯正可能ですが、
片目それぞれ1.0以上で、矯正度数は-6.00以上の場合は不可になります。
また中間距離視力や近点視力など、遠くでも近くでも中間でも、
素早く判断できないとパイロットの免許はもらえません。
私の知人のパイロットは視力は裸眼で1.2ずつという珍しいタイプ。
先日は職場で2m離れた水道管の小さな劣化を発見し、水道工事の提案をしたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です